秋田県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(イベント・キャンペーン)

2015/07/06

予備タイヤが無い車のパンク対処法(パンク修理キット)

先日ハスラーを納車いたしました。

 

車輌の説明をさせて頂いた時の出来事です。

 

私 「今の車は軽量化のため予備タイヤはないんです」

 

お客様 「予備タイヤが無い?」

 

私 「その代わりにタイヤ修理キットが入っております」

 

お客様 「・・・・なにそれ?」

 

私 「これがあればパンクが一時的に治せるんです」

 

お客様 「・・・・・・・・・実際使ったことあるの?」

 

私 「・・・・無いです」

 

等等の会話がありましたので、使用方法を写真を使って説明いたします 

バックドア ラパンくん 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックドアを跳ね上げ、ボードをめくると、こんな感じで修理キットが入っております。

 

バックドア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンク修理キットの中身です。

 

虫抜き 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左から修理剤チューブ付キャップバルブコア(虫)抜き予備バルブコア(虫)ステッカー

 

そしてコンプレッサー 

 

装備を確認したところで不運にもパンクした際の注意点です。

 

たとえ釘等が刺さっていても決して抜いてはいけません 重要

 

そのままで修理を行います。

 

もしサイドウォールが裂けている場合は迷わずJAFを呼んで下さい。

 

パンク修理キットでは修理不可能です 

 

サイドウォールとはタイヤの横の部分です。

 

サイドウォール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンクした場所が平地であれば可能な限りジャッキアップして下さい。

 

その際、ジャッキアップポインを間違わないようにお願いします。

 

バルブキャップを外しバルブコア(虫)虫抜きを使って外します重要

 

タイヤ05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外したバルブコアです。

 

学生時代、自転車のパンク修理で良くお目にかかりました。(さすがに虫ゴムは使用しないですが・・・

 

タイヤ06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブコアを外したら、修理剤のキャップと中の蓋を外し、チューブ付きキャップを装着します。

 

余談ですが、やっぱりこれはって言ったほうが解りやすいですよね?

 

そしてチューブをバルブに装着し修理剤を全部入れます 

 

ポイントはしっかりバルブにチューブをねじ込むことです (でないと液漏れすることがあります)

 

ここでピン!来た方はちょっと昔のバイク乗りですね 

 

そうです!バイク乗りの御用達、タイヤパンドーと使い方は基本一緒なんですね 

 

タイヤ07

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全部入れ終わったら今度はバルブコアを元にもどします。(重要

 

そしてコンプレッサーを使ってエアを入れます。

 

コンプレッサー本体の裏側にホースと電源ソケットが格納されてます。

 

電源は車内のアクセサリーソケットに刺しスイッチをONにすればOKです 

 

コンプレッサー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車種によりエア規定値が違いますので、運転席ドアに貼り付けてあるステッカーをご覧下さい。

 

ドア周辺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空気圧表示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

規定の空気圧までエアを入れおわりましたら、目につきやすいところにステッカーを貼ります。

 

そして10分または5km位走行して、再度エアのチェックをお願いします。

 

その際はコンプレッサーのチューブを再度バルブに装着するとエア値が測れます。

 

不足していたら、エアを補充して下さい。

 

タイヤ08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、すぐに の看板のお店か㈱秋田スズキにご来店下さい。

 

制限速度は80kmとなっておりますが、可能な限りゆっくりと走行して下さい。

 

一度修理剤を使用したタイヤは殆ど使用不可ですので交換をお薦めします。

 

いかがでしたでしょうか?

 

もし不明な点があれば、いつでもご連絡下さい 

 

 

 

 

 

 

  • 0

このページを印刷する