お庭周辺の知識

表札はニトリでも買える?取り付けるにはどうすれが良い?

投稿日:

こんにちは、人の名前がなかなか覚えられないコマです^^

引っ越ししたり家を新築したりした時、
家の玄関に「表札」をかけることで新しい生活スタートするって感じがしますよね。

最近は防犯上の理由から表札をかけないお家も増えていますが、ご近所付き合いや
郵便・宅配便などのことを考えると表札はかけておいた方が良いんです。

新築の場合だと業者さんにお願いして表札を取り付けてもらうこともできますが、
引っ越しとかだと自分で表札を調達して自分で取り付けないといけなかったりします。

じゃあどこで買えば良いのか、
どうやって取り付けたら良いのかなど表札について詳しく説明しますね。

表札はどこで買える?

普段あまり意識してないってこともあるのかもしれませんが、
表札を売ってるところってあんまり見ないですよね。

なので引っ越しなどでいざ表札を買おうと思っても、
どこに買いに行けば良いのか分からなかったりします。

でも実は表札って結構色んなところで売られてて、ネット通販でも手に入りますし、
 ・ホームセンター
 ・雑貨店
 ・はんこ屋さん
などでも買うことができるんですね。

「ホームセンターとか雑貨店で売ってる表札って安っぽそう」と思うかもしれませんが、
シンプルでお手頃な表札から高級感のある表札まで取り揃えられています。

専門の業者さんやネット通販、はんこ屋さんなんかだと、写真だけでデザインや材質を
決めたりしますが、ホームセンターや雑貨店だと実物を見て触って選ぶことができる
というメリットもありますよ。

デザインや材質を重視するならネット通販

表札のデザインや材質を重視するんだったら、ネット通販がオススメですね。

もちろんAmazonや楽天市場でも表札は販売されていますが、
Amazonとかだとデザインや材質が限られてしまいます。

これはホームセンターや雑貨店でも言えることで、
やっぱり表札を専門に取り扱っている業者さんの方がデザインや材質は豊富ですよ。

表札を専門的に取り扱っているネット通販サイトと言えば
 ・表札屋ドットコム
 ・表札ワールド
 ・ネームプラザ
などが挙げられますね。

有名な書道家が書き下ろした書体や有名なアニメのキャラクターがデザインされた
表札など、ホームセンターや雑貨店ではなかなかお目にかかれない表札が作れるのも
ネット通販の特徴です。

また家全体の雰囲気であったり、玄関や門扉のデザインにあったオリジナルの表札が
オーダーメイドできるのもネット通販ならではです。

完成するまで実物が見られないのがデメリット

珍しい表札やオリジナルの表札が作れるのがネット通販のメリットですが、
反面完成するまで実物が見られないというデメリットもあります。

こちら希望したサイズ・書体・デザインのサンプルを完成前に見せてもらうことは
できますが、それを実際に手に取ることはできないんですよね。

なので送られてきた表札を実際に手に取ってみると、
 ・表札や文字が思ったより大きい(小さい)
 ・材質が画像より安っぽい
 ・デザインがサンプルとちょっと違う
などといった不満を感じてしまったりするわけです。

ですからネット通販で表札を作る場合には、完成まで実物が見られない分、
サイズ・書体・デザインなどはできるだけ細かく注文した方が良いですよ。

もちろん作る側にも限界がありますから、必ずしも100%満足なものができるとは
限りませんが、それでも細かく注文しておくことで満足度をより100%に近付けることが
できるはずです。

ホームセンターや雑貨店は表札の実物を見て触れる

規模が小さいと取り扱っていないこともありますが、住宅の外装品を販売しているような
ホームセンターや雑貨店なら表札も間違いなく取り扱っています。

具体的には、ホームセンターなら
 ・ナフコ
 ・コーナン
などで、家具のイメージが強いですが「ニトリ」でも表札は販売されていますよ。

雑貨店だと
 ・東急ハンズ
 ・ドン・キホーテ
といったお店ですね。

ホームセンターや雑貨店では表札のサンプルが展示されていますから、
実物を手に取って見ることができるのが大きなメリットです。

サイズ感や書体、材質も分かりやすいですし、
実際に自宅の玄関に表札をかけたところもイメージしやすいですよ。

ナフコなどのホームセンターだと、表札の取り付けに必要な工具を貸してくれたりも
するので、DIYで表札を取り付けるのに便利ですね。

材質やデザインが限られる

ホームセンターや雑貨店では表札を手に取って見ることはできますが、
材質やデザインが限られてしまいます。

サンプルで展示している以外の材質やデザインの表札も作れたりするんですが、
それだとカタログで確認するだけになるのでネット通販よりもさらに実際の質感などが
分かりにくいんですよね。

またホームセンターや雑貨店で取り扱っている表札は、
汎用性が高いデザインのものが多くなっています。

そのためホームセンターや雑貨店で作ると、
ご近所さんと表札の材質やデザインが被ってしまうといったこともなきにしもあらずです。

はんこ屋さんは実物を見ながらオリジナルの表札が作れる

名前繋がりってことで、はんこ屋さんでも表札を取り扱っているところは結構多いです。

チェーン店のようなはんこ屋さんだとホームセンターなどと同じように
汎用性の高い表札だけだったりしますが、個人経営のはんこ屋さんだと
オリジナルの表札を作ってもらえたりもしますよ。

サイズや材質、書体ももちろん選べますし、工房が近くにある場合には
実際に表札を作ってるところも見せてもらったりもできるんですね。

なので修正しながら作ることができるので、
ネット通販やホームセンターなどよりも満足度の高い表札が作れます。

時間がかかる上に値段も高い

個人経営のはんこ屋さんで表札を作ってもらうと、どうしても時間がかかりますし、
値段も高くなってしまいます。

表札づくりははんこ屋さんの本業ではないので、
表札用の材料をストックしてなかったりするんですよね。

そのため材料の調達から始めないといけなかったりして、
表札が完成するまでに時間がかかるわけです。

また1つ分の材料のみの調達となると大量に調達するよりも費用が割高になるので、
値段も高くなってしまうんですね。

最近は100円ショップやネット通販でもはんこが買えることもあって、
個人経営のはんこ屋さんが少なくなってきています。

さらに表札も取り扱っているとなると数が限られてしまいますから、
オリジナルの表札を作ってくれるはんこ屋さんを探すのがそもそも大変ですよ。

表札の取り付け方

ネット通販やホームセンター、はんこ屋さんなどでは表札は作ってくれますが、
さすがに取り付けまでは行ってくれません。

新築やリフォームの場合には業者さんにお願いして取り付けてもらうこともできますが、
基本的にはDIYで表札を取り付けることになります。

賃貸マンションだと人が出入りすることもあって、表札は取り替えやすいマグネット式
だったりするので、女性でも比較的簡単に取り付けることができます。

しかし戸建てや分譲マンションとなると、表札は埋め込み式になってたりするので
簡単に取り付けられないように思いますよね。

そこで表札の主な取り付け方をいくつか紹介しますから、
DIYで表札を取り付ける際の参考にしてください。

壁に穴を開けてボルトで留める

表札を取り付ける主な方法の1つに「壁に穴を開けてボルトで留める」というものが
あります。

表札を作る際にあらかじめ指定しておくと、
表札の裏にスタッド金具というボルトを付けてくれます。

この表札の裏に付いたボルトを、
門扉などの壁に開けた穴に挿し込んで固定する方法です。

まずドリルを使って壁に穴を開けるんですが、
表札に付いているボルトよりも少し大きめに開けておくのがポイントですよ。

開けた穴に接着剤を少し流し込み、さらに表札の裏側にも接着剤を塗って、
壁に開けた穴に表札についているボルトを挿し込めばOKです。

壁に開けた穴がボルトよりも大きすぎると、接着剤が固まるまで表札が
グラグラしてしまうので、壁の穴はボルトよりも少し大きめ程度にするわけです。

また接着剤の量も多すぎると表札からはみ出してしまいますから、
はみ出さないように適量を流し込んだり塗ったりしてくださいね。

穴あけ用の電動ドリルはホームセンターでレンタルできる

壁の材質が何であれ、
表札を固定するボルトが挿し込めるだけの穴を壁に開けるには電動ドリルが必要です。

電動のいわゆるインパクトドライバーなら持っている人も多いかもしれませんが、
電動ドリルとなるとなかなか一般家庭にはありませんよね。

だからと言って買うと安くありませんから、表札を取り付けるのに壁を穴を開ける際には
ホームセンターで電動ドリルをレンタルしましょう。

ホームセンターで表札を作る場合には、
一緒に電動ドリルのレンタルも申し込んでおくと便利ですね。

残念ながらニトリでは工具のレンタルは行っていませんが、
ナフコやコーナンであれば電動ドリルがレンタルできますよ。

私はお花の植木鉢を並べるのに棚を作ったり、水はけを良くするためプランターに
穴を開けたりするのに「ドリルドライバー」を購入しました。

電動ドリルだとネジ締めができませんし、
インパクトドライバーだと穴あけができませんが、ドリルドライバーなら両方できます。

5,000円ぐらいで買えますから、表札の取り付けを機に色んな物をDIYしようと
考えているならドリルドライバーがオススメですよ。

接着剤で壁に表札を貼り付ける

表札を取り付ける壁に穴が開けられるなら先のボルトで固定する方法が使えますが、
壁の材質によっては穴が開けられないこともありますよね。

そんな場合は接着剤で壁に表札を貼り付けちゃいましょう。

やり方は簡単で、表札の裏に接着剤を塗って壁に貼り付けて、
接着剤が乾くまでテープで固定するだけです。

接着剤が乾くまではボルトを穴に挿し込む方法よりも表札が不安定ですから、
接着剤で貼り付ける場合は必ず接着剤が乾くまではテープで固定しておきましょう。
(接着剤が乾くのに1週間前後かかる)

また壁にほこりなどが付いていると接着力が弱まってしまいますから、
表札を貼り付ける部分の壁はキレイに掃除しておかないといけませんよ。

接着剤は材質に合ったものを選ぶ

表札には
 ・金属
 ・木材
 ・タイル
 ・アクリル板
など様々な素材が使われます。

なので表札を接着剤で取り付ける際には、
必ず表札の材質に合った接着剤を選ぶ必要があるんですね。

金属の表札を取り付けるのに木工用ボンドを使ったり、
反対に木材の表札を貼るのに金属用の接着剤を使っても上手くいきません。

一番確実なのはそれぞれの材質に合った表札用接着剤を使うことがですが、
表札用でなくても屋外で使える多用途接着剤でも大丈夫ですよ。

自分が作った表札に合った接着剤が分からない場合は、
表札を作ったお店や業者さんにどの接着剤を使えば良いか教えてもらいましょう。

またホームセンターに行って、「表札を取り付けるのに適した接着剤はどれ?」と
店員さんに聞いても教えてくれますよ。

壁が平らなら両面テープで表札を貼り付けてもOK

表札を取り付ける壁が少し凸凹しているなら穴を開けてボルトで固定するか接着剤を
使った方が良いですが、壁が平らなんだったら両面テープを使うのもアリですね。

表札の裏に両面テープを貼って壁に貼り付けるだけですから、
接着剤のように手が汚れる心配がありません。

両面テープと言っても工作などで使うようなものではなく、
屋外用でなおかつ石壁などにもつけられるほど接着力が強いので
表札が剥がれて落ちることはまず無いですよ。

ただ乾くまで時間がかかる接着剤と違って、両面テープだと一度貼ったら
やり直しにくいので、事前に表札を取り付ける位置をしっかりと決めておきましょう。

両面テープだけで不安なら接着剤と併用する

いくら接着力が強力と言っても、屋外で雨風に晒される表札を両面テープだけで
取り付けるのは不安という場合もあるかもしれません。

そんな場合には、接着剤と両面テープを併用するのがオススメですよ。

表札裏側の両端に両面テープを貼り、
中心付近に接着剤を塗って壁に貼り付けるんです。

万が一両端の両面テープが剥がれたとしても、
中心付近は接着剤で貼り付いているので表札が落ちることがないんですね。

また接着剤だけだと乾くまでテープで仮留めしておく必要がありますが、
両面テープとの併用であれば別途テープでの仮留めは不要です。

もちろん壁の材質によってはできないこともあるんですが、
接着剤だけとか両面テープだけよりは併用した方が良いような気がしますね。

昔ながらの木製表札は壁にピンを挿して引っ掛ける

以前の私の実家にもありましたし、
夫の実家ではいまだに使っているのが昔ながらの木製表札です。
(義父のフルネームが書かれた表札)

こうした木製表札を注文すると、特にこちらが指定しなくても、
裏にダルマ穴という穴を開けてくれます。

ですから木製表札の場合には、
壁に挿したピンをダルマ穴に引っ掛けて取り付けることになるんですね。

私の夫の実家ではピンに木製表札を引っ掛けてるだけですが、できればピンに
引っかえるだけじゃなくて両面テープなどで壁に固定しておいた方が良いですよ。

金属の壁などでピンが挿せないんだったら、タテ型なら上下、ヨコ型なら左右に
両面テープを貼り、中心付近に接着剤を塗って壁に貼り付けましょう。

木製表札は雨風があまり当たらない場所に取り付ける

木製表札の表面には保護剤としてウレタン系の塗料が塗られているので、
多少濡れてもすぐに腐ってしまうといったことはありません。

しかし木製である以上は濡れると腐ったり、カビが生える恐れがありますから、
木製表札はできるだけ雨風が当たらない場所に取り付けた方が良いんですね。

雨風が当たらない場所だと表から見えにくく、
どうしても雨風が当たる場所に木製表札を取り付けざるをえない場合は、
庇の付いた表札にすると良いかもしれません。

どこの業者さんでもやってくれるわけじゃないんですが、
お願いすれば耐候性の木材を使った庇を木製表札に付けてくれることがあります。

保護剤プラス庇が付いていれば、
雨風に晒される場所に木製表札を取り付けても多少は長持ちしますよ。

でもやっぱり木製表札を取り付けるなら、
できるだけ雨風が当たらない場所がベターですけどね。

表札の取り付けを業者さんにお願いするといくらぐらいかかる?

家の顔となる表札の取り付けに万が一でも失敗したくないから、
業者さんに表札を取り付けてもらいたいというケースもありますよね。

外装のリフォームを取り扱っている業者さんであれば、
お願いすれば表札の取り付けだけでも作業してもらえます。

じゃあ業者さんに表札を取り付けてもらうといくらぐらいかかるについては、
表札を取り付ける壁の材質や状態によって違ってきます。

平らな壁に接着剤で貼り付けるだけなら5,000~15,000円程度ですが、
壁に凸凹がある場合には20,000~25,000円ぐらいかかります。

壁が平らであれば、
穴を開けてボルトを挿し込むにしても15,000円まででやってもらえますよ。

凸凹な壁の場合には、表札を取り付けられる前に凸凹をならす作業を行うので、
平らな場合よりも費用が高くなってしまうわけです。

壁が凸凹だとDIYで表札を取り付けるのは難しいかもしれませんが、
平らならDIYでも比較的簡単に取り付けられるので、
業者さんにお願いするのはちょっともったいないですね。

シンプルなデザインの表札の方が取り付け費用は安い

1枚の板に名前が書かれているようなシンプルなデザインの表札の方が、
ちょっと変わった形の表札よりも取り付け費用が安くなります。

シンプルなデザインの表札だと業者さんも作業し慣れていますし、
特別な工具なども使う必要がありません。

しかしロートアイアンのようなちょっと変わった形の表札になると、
多少取り付けるのに手間がかかるので、費用も高くなってしまうんですね。

ちなみにロートアイアンは、1枚の板に名前が書いてあるんじゃなくて、
鉄を加工して文字にする表札のことです。

なのでデザインによっては1文字ずつ壁に貼り付けていかないといけませんから、
手間がかかって費用も高くなるというわけです。

もし取り付けを業者さんにお願いしようと考えているんだったら、
表札のデザインはシンプルなものにした方が良いですよ。

自宅の玄関に表札はかけるべき?

防犯上のリスクもあるので表札をかけるべきとまでは言えませんが、
私個人としては自宅の玄関には表札をかけた方が良いと思います。

表札をかけた方が良い理由の1つとしては、
ご近所さんに名前を覚えてもらいやすいからです。

ご近所付き合いは煩わしいこともあるんですが、困った時には助けてくれることも
あるので、ご近所さんに名前と顔を覚えてもらっておいて損はありません。

実際に私の実家では祖父が亡くなった際に、
葬儀の風習が分からずに困っていたらご近所さんが色々と手助けしてくれました。

それから一見全く関係無さそうですが、
表札をかけておくことで災害時にも役立つんです。

大きな災害が発生した場合に、救助に来た人からすると表札のかかっていない家に
誰が住んでいたのかが分かりません。

そのため避難所に避難しているのか遭難しているかも確認できず、
安否確認ができずに救助作業に余計に時間がかかってしまいます。

表札をかけておけば安否確認がスムーズにできるので、
災害時にも表札が役に立つというわけなんですね。

表札があれば郵便物の誤配も少なくなる

特に新興住宅街では、
玄関に表札をかけておくことで郵便物や宅配物などの誤配を減らすことができます。

私が住んでいる地域もそうなんですが、
新興住宅街では広い土地をいくつかに分割してたりするんですよね。

そのため、元々1つだったものを分割した土地に建てた住宅はみんな同じ住所に
なってしまいます。

私が就職して間も無くの頃、お得意さんの自宅に連絡物を投函するという仕事を
したことがあるんですが、ある一軒が1つの土地を分割したところに建てたお宅でした。

事前にネットの地図で住所を検索していたんですが、実際に行ってみると同じ住所に
4軒の住宅が建っていて、その内3軒は表札をかけていなかったんです。

表札の出ていない3軒の内のどれがお得意さんのお宅か分からず、
泣きそうになりながら先輩に電話してお得さんの家の特徴を教えてもらったという
苦い思い出があります。

1つの土地を分割したところに建てた家で、隣近所数軒と住所が同じになっていても、
玄関に表札をかけておけば、郵便物や宅配物の誤配を減らせるというわけなんですね。

まとめ

表札は家の顔にもなりますから、
できれば他のお家と被らないオリジナルの表札を作りたいと思いますよね。

しかしあまりオリジナルにこだわりすぎると、表札自体を作る費用が高くなりますし、
取り付けを業者さんにお願いすると取り付け費用も高くなってしまいます。

ですからオリジナルの表札を作りたい気持ちは分かりますが、
費用面を考えるとできるだけシンプルな表札にするのがオススメですね。

またDIYでの取り付けについても、壁に穴を開けてボルトを挿し込む方法だと
しっかり固定できますが表札の取り換えが難しくなります。

シンプルなデザインにすることで表札自体の値段を抑えることができ、
接着剤や両面テープで貼り付けることで比較的簡単に表札を取り外せるので、
万が一表札のデザインに飽きても気軽に取り換えられますよ。

-お庭周辺の知識

Copyright© コマのガーデニング , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.